• 本

できる大人の「手抜き力」 みんながラクになる“働き方改革”

ワニ文庫 P−301

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-584-39401-4
4-584-39401-6
税込価格 715円
頁数・縦 221P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

手抜きという言葉は否定的な意味合いを持ちますが、「手抜き力」はポジティブな言葉です。「常に全力」では疲れてしまいます。メリハリをつけてこそ、大人の仕事術と言えます。不要な手間やムダな時間を省くことで、徒労感によるストレスが解消され、貴重な時間が生み出され、仕事はシンプル化されて、スピード感がもたらされます。手抜き力こそ、現代人が身に付けるべき、ビジネス・スキルなのです。その極意やノウハウを余すところなく紹介します。

目次

1章 手抜き力とは何か(手抜き力とは「ムダをそぎ落とす力」
手抜き力とは「本質を捉える力」 ほか)
2章 ポジティブ手抜き 5つの実践ルール(優先順位を最優先に決める
「念のため」と「一応」をやめる ほか)
3章 ビジネスに生かす「手抜き力」(デキる人ほど手抜きが上手い
必要なものだけを効率よく―手抜き情報収集テクニック ほか)
4章 手抜き力を磨くトレーニング(15秒で伝える練習―本質を抽出する要約力を鍛える
「ザッと目を通す」練習―情報をふるいにかけて本質だけを取り出す ほか)

おすすめコメント

仕事を速く終えるために必要なのは「手抜き」のスキル。会議・資料作成・メールまで、余計なことには手を抜き、必要なことだけに集中するための技とは?齋藤式「働き方改革」の提言書!

著者紹介

齋藤 孝 (サイトウ タカシ)  
明治大学文学部教授。1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)