• 本

ぜんぶ本の話

出版社名 毎日新聞出版
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-620-32634-4
4-620-32634-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

はじめて読んだ本をおぼえていますか?ページをめくれば溢れだす、しあわせな時間と家族の思い出。文学者の父と声優の娘が語りつくした「読書のよろこび」。

目次

1 読書のめざめ―児童文学1
2 外国に夢中!―児童文学2
3 大人になること―少年小説
4 すべてSFになった―SF1
5 翻訳書のたのしみ―SF2
6 謎解きはいかが?―ミステリー
7 読書家三代―父たちの本
エッセイ 父の三冊

おすすめコメント

ケストナー、ル・グィン、ヴォネガット、福永武彦……世界は素敵な本で溢れてる!小説家の父と声優の娘が読む喜びを伝える対談集。

著者紹介

池澤 夏樹 (イケザワ ナツキ)  
1945年生まれ。作家、詩人。小説、詩やエッセイのほか、翻訳、紀行文、書評など、多彩で旺盛な執筆活動をつづけている。また2007年から2020年にかけて、『個人編集 世界文学全集』、『個人編集 日本文学全集』(各全三十巻)を手がける
池澤 春菜 (イケザワ ハルナ)  
1975年生まれ。声優・歌手・エッセイスト。幼少期より年間三百冊以上の読書を続ける読書狂。とりわけSFとファンタジーに造詣が深い。お茶やガンプラ、きのこ等々、幅広い守備範囲を生かして多彩な活動を展開中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)