• 本

監督と俳優 三船プロ、石原プロ、東映で五百本の作品を監督! 宮越澄直筆のドラマツルギー

出版社名 愛育社
出版年月 2014年10月
ISBNコード 978-4-7500-0447-1
4-7500-0447-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 220P 19cm

商品内容

要旨

「007は二度死ぬ」出演から「暴れん坊将軍」の監督まで、芸能界54年、500本の作品を監督した筆者が熱く語る真の俳優談。この本を読めばあなたも俳優になれる。チャンスをものにする俳優のバイブル。

目次

第1章 監督が見た俳優たち。スターはかくあるべき(監督の前は、斬られ役だった!!
“007は2度死ぬ”に出演した世界唯一の監督? ほか)
第2章 俳優になるには何かが足りない(芝居は盗め、批評家になれ!―俳優への近道は、どこにでもある
顔が命、歯の白さは宝―分相応の俳優に徹する器量を持て ほか)
第3章 俳優への基礎知識(台本について
雑学、拗音についての練習 ほか)
第4章 嘆かわしい現実(見応えのあるドラマが減ったわけ
間の悪い芝居、間合いの悪い立ち廻り ほか)
付録 業界用語

著者紹介

宮越 澄 (ミヤコシ キヨシ)  
1943年1月28日富山県射水群大島村(現在の射水市北野)に生まれる。日本大学芸術学部映画学科卒業。学生時代から殺陣同志会に所属して、テレビ出演、中村竹弥公演等に斬られ役他で出演。1964年に師、土居通芳監督に師事。殺陣指導の実績を経て、1973年に三船敏郎プロダクションにて監督昇進する。それ以降は、三船プロ、東映大泉、太秦撮影所作品、中村プロ、石原プロ等で監督。NPO法人時代劇振興協会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)