• 本

植物と語る ゲーテとシュタイナーに学ぶ観察法 公然の秘密の扉

出版社名 イザラ書房
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-7565-0144-8
4-7565-0144-3
税込価格 3,300円
頁数・縦 119P 24cm

商品内容

要旨

アントロポゾフィーに基づく芸術療法の第一人者が伝える20年間の実績。誰にでもできるこの方法は、心が解放され、人と繋がり、少しずつ視野が開かれていく体験へと人々を誘う―そしてこの体験が、きっと日常生活の中でも活きてくるものになる。

目次

1 観るということ
2 観察の実際―方法
3 ゲーテの指針―生命の法則
4 植物と人間
5 四大元素と四つのエーテル
6 形が生まれる―フオルメン線描
7 色彩が生まれる
8 水彩画による連作
9 協働について、その可能性―座談会

著者紹介

吉澤 明子 (ヨシザワ アキコ)  
アントロポゾフィーに基づく絵画造形療法士、画家、バイオグラフィーワーカー。1969年東京芸術大学絵画科油画専攻卒、10年間に亘り子供の絵画・造形教室を主宰、1987‐1992ドイツ・Wittenのシュタイナー教育研究所およびHerdecke共同体病院にて芸術療法を学ぶ。帰国以来障がい者施設、老人介護施設等で芸術療法を実践。傍らシュタイナー教育と芸術療法の普及に努める。現在、横浜市すみれが丘ひだまりクリニック(Anthro‐Med)にて色光及び絵画造形療法に携わる。東京、横浜、那須にて定期的な絵画クラスを持つ。シュタイナー教育教員養成講座運営委員兼講師を長年務める。シュタイナー教育水彩・絵画芸術研修機関Visio‐paede(ヴィジオペーデ)研修所主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)