• 本

『新時代の「日本的経営」』オーラルヒストリー 雇用多様化論の起源

慶應義塾大学産業研究所選書 戦後労働史研究

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-7664-2194-1
4-7664-2194-9
税込価格 5,060円
頁数・縦 369P 20cm

商品内容

要旨

「雇用ポートフォリオ」はなぜ生まれたのか?雇用流動化の契機とされてきた日経連報告書『新時代の「日本的経営」』刊行に至る証言をまとめたオーラルヒストリー。1990年代、グローバル化に伴い経営環境が激変する中で、日本企業はいかに生まれ変わろうとしたか。

目次

第1章 「新日プロ」の起源と背景
第2章 ポスト「年功賃金」を考える
第3章 「人間尊重」の継承と改革
第4章 「終身雇用」の脱神話化
第5章 報告書の作成とフォローアップ調査
第6章 雇用ポートフォリオとは何だったのか
第7章 労使関係から財務の論理へ:労働組合の視点

著者紹介

八代 充史 (ヤシロ アツシ)  
慶應義塾大学商学部教授・同大学産業研究所兼担所員。1982年慶應義塾大学経済学部卒業、84年慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)、87年慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学(93年博士(商学))、同年雇用促進事業団雇用職業総合研究所(現労働政策研究・研修機構)研究員、96年慶應義塾大学商学部助教授、2003年より現職
牛島 利明 (ウシジマ トシアキ)  
慶應義塾大学商学部教授・同大学産業研究所兼担所員。1988年慶應義塾大学商学部卒業、90年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、93年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学、93年慶應義塾大学商学部助手、2007年より現職
南雲 智映 (ナグモ チアキ)  
東海学園大学経営学部准教授・慶應義塾大学産業研究所研究員。2000年立教大学経済学部卒業、2002年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、2005年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学、2006年早稲田大学大学院商学研究科助手、2008年(公財)連合総合生活開発研究所研究員、2014年より現職
梅崎 修 (ウメザキ オサム)  
法政大学キャリアデザイン学部教授。1995年神奈川大学経済学部卒業、97年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了(経済学修士)、2000年同博士後期課程修了(経済学博士)、同年政策研究大学院大学オーラル政策研究プロジェクト研究員、2003年法政大学キャリアデザイン学部専任講師、2007年同准教授、2014年より現職
島西 智輝 (シマニシ トモキ)  
香川大学経済学部准教授。2000年慶應義塾大学商学部卒業、2002年慶應義塾大学大学院商学研究科前期博士課程修了(商学修士)、2006年慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程単位取得退学(2008年博士(商学))、同年立教大学経済学部助手、2010年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)