• 本

世界をよみとく「暦」の不思議

イースト新書Q Q054

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7816-8054-5
4-7816-8054-2
税込価格 924円
頁数・縦 191P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

少なくとも明治維新以来初の「予定されていた改元」が行われる2019年。特別な祝日の設定などもあり、カレンダーに関心が向けられやすい年でもある。この機会に改めて暦やカレンダーに注目してみてはどうか。暦は国や地域、宗教などにより実に多様であり、その違いにはさまざまな事情が反映される。本書では、世界の暦の歴史、国や地域ごとの政治や文化、宗教などに由来する暦の特質、食やアートと暦の関係、そして日本の暦の変遷など、暦やカレンダーにまつわるトピックス、エピソードをふんだんに紹介。その中から、人類の文明や文化、生活に深く関わる暦の本質を浮かび上がらせている。著者は国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、吹田市立博物館館長。宗教人類学、経営人類学、ブラジル研究、カレンダー研究などに従事し、日本カレンダー暦文化振興協会理事長、千里文化財団理事長等も務めている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年2月19日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

普段生活するなかで当たり前のように使っている暦。ですが、歴史を勉強してみたり、海外へ旅行してみると、はじめて知る暦の不思議がたくさん出てきます。暦にまつわる不思議を知れば、日本と世界の文化・暮らしの違いや共通点に気づき、異文化理解も深まります。世界中のカレンダーを収集し、そのカレンダーが使われる地域の社会・文化・暮らしを理解するための研究を長年おこなってきた著者が、さまざまな角度から暦の話をわかりやすく語ります。

目次

第1章 暦とは何か(どこから暦は生まれたの?
最古の暦はどんなもの? ほか)
第2章 暦は国によってこんなに違う!(台湾・北朝鮮・日本の暦の共通点とは?
世界より7年遅れている国がある!? ほか)
第3章 日本の暦いまむかし(誕生日を祝うようになったのは明治時代
キュウレキストって何? ほか)
第4章 食と暦の深い関係(飢えないための縄文カレンダー
モロコシ・カレンダー ほか)
第5章 暦から広がるアートの世界(古代エジプトだけじゃない!ヨーロッパにも太陽の舟があった
これは絵なのか暦なのか ほか)

著者紹介

中牧 弘允 (ナカマキ ヒロチカ)  
1947年、長野県生まれ。埼玉大学教養学部卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授、吹田市立博物館館長。宗教人類学、経営人類学、ブラジル研究、カレンダー研究などに従事。日本カレンダー暦文化振興協会理事長、千里文化財団理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)