• 本

最新宇宙学 研究者たちの夢と戦い

ポピュラーサイエンス 261

出版社名 裳華房
出版年月 2004年5月
ISBNコード 978-4-7853-8761-7
4-7853-8761-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 229P 19cm

商品内容

要旨

激しく噴き出す太陽フレア、太陽系以外に存在する惑星の探索、地球外文明(ET)探し、ブラックホールの存在と成因、震動する恒星の姿、惑星系の誕生、変化する星の光の秘密、銀河の一生、重力レンズ現象とマッチョ、X線で輝く天体、元素の生成と宇宙のリサイクル、宇宙誕生直後の様子…。地上の大型望遠鏡群や宇宙に浮かぶ探査機・天文衛星、可視光以外の光ををとらえる観測技術、そしてコンピュータとシミュレーション技術などの進歩・発達によって、今まで想像もつかなかった宇宙の姿が明らかになってきました。本書は、最新の宇宙像とその奥に潜む宇宙の“神秘”を、第一線で活躍する若手・中堅の研究者がわかりやすく紹介します。

目次

1 太陽系と宇宙人(フレアの統一モデル―太陽フレア、恒星フレア、原始星フレア
広大な宇宙に小さな惑星を探す―太陽系外惑星探し
これからのET探し)
2 星とブラックホール(ブラックホールのミッシングリンク
星の調べを聴く
惑星系形成の始まり―オリオン・プロプリッド ほか)
3 宇宙と銀河(銀河の一生
宇宙に漂う望遠鏡―もう一つのレンズと宇宙の蜃気楼
まだまだあったX線天体 ほか)

出版社
商品紹介

望遠鏡や探査機、コンピュータなどの発達によって明らかになってきた最新の宇宙像を、第一線で活躍する研究者が紹介する(全12章)。

著者紹介

粟野 諭美 (アワノ ユミ)  
東京都出身。現在、岡山天文博物館館長。“仕事も遊びも楽しく”をモットーに、楽しく天文教育の活動を続けている
福江 純 (フクエ ジュン)  
山口県出身。現在、大阪教育大学教授。降着円盤や宇宙ジェットに関する研究を行う一方、天文教育に関係するさまざまな活動も続いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)