• 本

陰陽調和で考えるいのちを養う食のきほん

出版社名 新泉社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7877-1812-9
4-7877-1812-6
税込価格 1,620円
頁数・縦 101P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

yin(陰)ちゃんyang(陽)ちゃんと学ぶ食べることは、生きること。梅崎和子が30年実践してきた健康になるテキスト。古くて新しい一汁一菜の食卓を見直す!!

目次

1章 鍋の中は小さい宇宙!(鍋の中の「宇宙」ってなんですか?
陰と陽は変化するのですか? ほか)
2章 陰陽を調和させ、食べて健康になる!(陰と陽のバランスを考えた料理作りのポイントは?
季節ごとに旬の食材を食べることがなぜ大切なの? ほか)
3章 毎日の料理の基本はシンプル(私たちは食べたいものを食べすぎているの?
穀物、野菜、魚介類が5・2・1って、いまの食事とは違うけれど、できるかしら ほか)
4章 食材の陰陽を知り、パワーを生かす!(命を育む3つの柱
食材の性質、選び方と食べ方)
5章 重ね煮の簡単レッスン(重ね煮料理はじめの一歩
重ね煮料理を作りましょう ほか)

著者紹介

梅〓 和子 (ウメサキ カズコ)  
養生家庭料理研究家。1951年島根県生まれ。病院の栄養士として勤務するなかで、現代栄養学に疑問を感じ、日本の「食養」と陰陽調和の料理を学ぶ。1987年、食と健康を考える仲間とともに「いんやん倶楽部」を設立。以来、「健康は毎日の食卓から」を合言葉に、陰陽調和料理の研究と普及に努める。主宰する料理教室では「重ね煮」の調理法や、養生の知恵をとりいれた日本人本来の食を提案。安心できる素材を厳選して、食品からスキンケア用品まで幅広い分野で商品開発・製造なども行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)