• 本

日本人と〈戦後〉 書評論集・戦後思想をとらえ直す

出版社名 新泉社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-7877-1820-4
4-7877-1820-7
税込価格 2,640円
頁数・縦 347P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

過酷な戦争体験を経て現れた“戦後”とは何だったのか。鶴見俊輔、上山春平、司馬遼太郎らの思索を手がかりに、近代日本の歩みと戦後史、戦後思想を見つめ直す。「戦後レジームの解体」の只中で、日本社会と“戦後”を複眼的に問い返す気鋭の書評・思想論集。

目次

第1章 “戦後”とは何かを考える(戦争(=国家の「経済行為」)と個人の関係を問う
特攻隊員から平和運動へ
“戦後社会”の自明性への問いかけ ほか)
第2章 日本とは何かを考える(庶民と対話の思想から見つめる日本社会
大衆文化を通して「日本人とは?」を問う
「日本」と「日本人」を歴史的視野から問い直す ほか)
第3章 思想とは何かを考える(「日本のアイデンティティー」の問題をめぐって
鶴見俊輔と「銭湯デモクラシー」―九条擁護の視点をめぐって
生活世界から考える二つの視点―鶴見俊輔・内山節・中村桂子を手がかりにして ほか)

著者紹介

木村 倫幸 (キムラ ツネユキ)  
1946年、三重県に生まれる。大阪大学大学院文学研究科修士課程(倫理学専攻)修了。現在、奈良工業高等専門学校名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)