• 本

不調を感じたら…からだが喜ぶ料理のきほん

出版社名 新泉社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7877-1914-0
4-7877-1914-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 159P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「いつも疲労感がある」「冷えがつらい」「風邪を引きやすい」そんな時は、まずこの本からはじめよう!季節にあった食材で、バランスの良い健康を考えた食の提案。

目次

ようこそ!1 いまの時代に合った「食養生」で体の調子をととのえましょう(「食養生」とは食べて体の調子をととのえること
「重ね煮」で作る陰陽調和料理は現代の養生食 ほか)
ようこそ!2 主食をきちんと食べましょう(主食に、玄米が中心の食事を考えます
まずは炊飯器で、玄米ご飯を炊きましょう ほか)
1章 春から夏のご飯とおかず(きび入りえんどう豆ご飯
手軽に鯛ご飯 ほか)
2章 秋から冬のご飯とおかず(あわ入りさつまいもご飯
きび入り里いもご飯ゆず風味 ほか)
3章 使い方、自由自在!梅崎流味のもと(「梅崎流味のもと」とフライパンの蒸し煮で「もう一品」も簡単!
春から夏のドレッシング ほか)

著者紹介

梅〓 和子 (ウメサキ カズコ)  
養生家庭料理研究家。病院の栄養士として勤務するなかで現代栄養学に疑問を感じ、「食養」と陰陽調和の料理を学ぶ。1987年、食と健康を考える「いんやん倶楽部」を設立。以来、「健康は毎日の食卓から」を合言葉に、陰陽調和料理の研究と普及に努め、「重ね煮」の調理法や養生の知恵をとりいれた日本人本来の食を提案(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)