• 本

ふしだら嫁一族 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 か4−1

出版社名 竹書房
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-8019-1460-5
4-8019-1460-8
税込価格 726円
頁数・縦 293P 15cm

商品内容

要旨

男やもめの山本寛之は、息子の嫁の美咲から「お義父様」と慕われ、嫁の妹のはづきには「おじさま」と甘えられる実直な男。だが彼女たちの母親の冴子から誘惑されたのをキッカケに、嫁の一族は淫らな素顔をあらわし…!?息子の清楚な妻と思っていた美咲は、欲求不満を寛之で癒すみだら嫁。彼女の妹のはづきは義父に抱かれて若い肉体を震わせる小悪魔娘。そして二人の母の冴子はダンススタジオで鍛えた熟れ肉に欲情を注がれて悶える美魔女…!三人の美女との関係に戸惑いながらもハーレム生活を堪能してしまう男を描く、気鋭の傑作官能長編ロマン!

著者紹介

梶 怜紀 (カジ レイキ)  
1970年生まれ。工学部出身の理系。工場技術者の傍ら小説を書き、2011年「飼育中 義母、叔母、そして秘書を…」(フランス書院文庫)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)