• 本

限界を超える子どもたち 脳・身体・障害への新たなアプローチ Anat Baniel Method

出版社名 太郎次郎社エディタス
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-8118-0830-7
4-8118-0830-4
税込価格 2,420円
頁数・縦 253P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

脳性まひ、自閉症、ADHD、診断のつかない発達の遅れ―子どもの脳と身体・感覚とのかかわりに着目し、「できること」を大きく広げていくためのアプローチ。

目次

第1部 新しいアプローチのために(ある女の子との出会い
“直す”ことから“つながる”ことへ
驚くべき子どもの脳)
第2部 9つの大事なこと(動きに注意を向けること
ゆっくり
バリエーション
微かな力
内なる熱狂 ほか)

おすすめコメント

脳が障害を超えさせる−−発達障害、脳性まひ、ADHD、診断のつかない発達の遅れなど、スペシャルニーズの子どもとの30年にわたる取り組みと成果を紹介。脳と発達とのかかわりに着目して、子どもの可能性を引き出す新しいアプローチを提案する。「直すための訓練」という発想をやめ、それぞれの子ども独自の成長を手助けするには?そのための「9つの大事なこと」を保護者や支援者に具体的に伝える。

著者紹介

バニエル,アナット (バニエル,アナット)   Baniel,Anat
米国在住。科学者の父と芸術家の母のもと、イスラエルで育つ。大学では統計学を専攻。人間の脳への関心から、身体運動の意識化を探究したM・フェルデンクライス博士(1904〜1984)に師事。脳性まひをはじめとするスペシャル・ニーズの子どもたちとの30年以上にわたる取り組みを通じて、脳の可塑性を利用して本人の能力をひきだす手法(アナット・バニエル・メソッド)を編みだす。動き、感じ、考えるひとりの人間として子どもを総体的にとらえるそのアプローチは、自閉症スペクトラム、脳性まひ、ADHD、腕神経叢損傷、傾頚などさまざまな症状をもつ子どもたちへの取り組みを可能にさせた。臨床心理士であり舞踏家でもある。カリフォルニア州マリン郡のアナット・バニエル・メソッド・センターには、世界中からレッスンを希望する親子が集まる
伊藤 夏子 (イトウ ナツコ)  
1972年生まれ。国際基督教大学卒業。学習塾講師、報道番組制作を経てドキュメンタリー番組リサーチャー。15年にわたり英語文献の調査・翻訳に携わる。2016年8月〜17年12月、重症心身障害者施設にて非常勤指導員
瀬戸 典子 (セト ノリコ)  
1960年生まれ。東京女子大学文理学部卒業。企業勤務を経て学習塾経営。翻訳家として音楽・科学・歴史・ビジネス分野での翻訳多数。英語や小論文指導に加え、特別支援のレッスン、能力開発に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)