• 本

法華経のあらまし 二十八章と開・結 新装版

出版社名 東方出版
出版年月 2012年7月
ISBNコード 978-4-86249-206-7
4-86249-206-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 257P 19cm
シリーズ名 法華経のあらまし

商品内容

要旨

妙法蓮華経28品(章)と開経(無量義経)結経(観普賢菩薩行法経)の概要を平易に説く。

目次

開経 無量義経
妙法蓮華経(はじめの章―序品
唯だ一乗の法のみあり―方便品
この世はまさに燃える家―譬喩品
父つねに子を思う―信解品
降る雨かわらねど、生いる草木各々差あり―薬草喩品
四大弟子に未来成仏の予告―授記品 ほか)
結経 観普賢菩薩行法経

出版社
商品紹介

妙法蓮華経二十八章と開経・結経の説かんとする内容を、現代人に理解できる用語をもって概説する。

著者紹介

高橋 勇夫 (タカハシ イサオ)  
大正9年3月11日、大阪市西成区に生れる。旧制住吉中学(現住吉高校)を経て、東洋大学文学部仏教学科卒。兵役。戦後、昭和23年9月より大谷学園勤務。宗教・歴史担当。昭和39年9月より、昭和52年3月まで東大谷高等学校副校長。その後、大谷女子短期大学教授を経て非常勤講師。日蓮本宗正福寺住職。個人誌『菩提樹』主宰。平成10年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)