• 本

「霊性の神学」とは何か 福音主義の霊性を求める対話

出版社名 あめんどう
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-900677-35-7
4-900677-35-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 286P 19cm

商品内容

要旨

著者の心の渇きを出発点として、J.フーストン、E.ピーターソン、A.マクグラス、J.エドワーズ、カルヴァン、H.ナウエンらから学び、福音主義神学と霊性の調和を試みた意欲作。

目次

第1章 福音主義、霊性、そして霊性の神学
第2章 聖書を「霊的」に読むこと―霊性の聖書的土台
第3章 霊性と神学は互いに敵同士か―霊性の神学的土台
第4章 三位一体の神とキリスト者の霊性
第5章 友情―霊性を形成し実践する場(その1)
第6章 霊的同伴―霊性を形成し実践する場(その2)
第7章 信仰共同体としての教会―霊性を形成し実践する場(その3)
第8章 キリスト者の生活の全体像―福音に生きるために
第9章 霊性の社会的広がり―預言者の霊性から
第10章 祈り―「神との友情」に生きる者の生き方
第11章 福音主義の霊性を求めて―霊性の神学からの五つの提言

著者紹介

篠原 明 (シノハラ アキラ)  
中之条キリスト集会牧会者(群馬県)。英語教師。1964年生まれ。早稲田大学、東京学芸大学大学院、リージェント・カレッジ(カナダ)、トリニティ国際大学(神学校、米国)で学ぶ。哲学博士(教育学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)