• 本

夕焼けの詩 三丁目の夕日 22

サンセット33

ビッグコミックス

出版社名 小学館
出版年月 1990年
ISBNコード 978-4-09-180882-0
4-09-180882-4
税込価格 556円
頁数・縦 227P 18cm
シリーズ名 夕焼けの詩

出版社・メーカーコメント

昭和30年代の世界に現代の心のふるさとを追う、珠玉のメルヘン。▼第1話/入道雲▼第2話/全員不快▼第3話/植物標本▼第4話/二百二十日▼第5話/運動会▼第6話/秋景色▼第7話/サンセット33▼第8話/落葉のセレナーデ▼第9話/赤ちょうちん▼第10話/サンタが家にやってくる▼第11話/百人一首▼第12話/アイドルの条件▼第13話/冬の色▼第14話/内弁慶(うちべんけい) ●登場人物/鈴木則文(鈴木オートの社長。働き者で子供には少々甘い)、鈴木トモエ(優しくてしっかり者のお母さん。時に怒ると恐い)、鈴木一平(鈴木オートの一人息子。ワンパクだが、気は優しい) ●あらすじ/久々に鈴木一家は、父・則文の田舎へ里帰りする。そこでバッタリ則文の初恋の人に会う。息子の一平はその女性が母・トモエに似ていると言い出す。ある日、その女性が息子を連れて歩いていたのを見たトモエは、あまりにもその子供が則文に似ているので則文の隠し子ではないかと疑いを懐く…(第1話)。▼不快指数85以上という、とても暑い真夏のある日。あまりの暑さで人間はもちろん、猫でさえも動く気にならない。人々がグッタリしていた所へ、天からの恵みのごとく、夕立が降ってくる…(第2話)。▼夏休みの自由研究で美佐子は、植物標本を作っていた。ある日、美佐子のお母さんは彼女を山へ植物採集に連れていき、楽しい一日を過ごす。この植物採集は、今は亡き夫との出会いを作ってくれたお母さんの女学生の頃からの趣味だったのだ(第3話)。●その他のDATA/昭和30年代風物誌〜SL(第1話)、くみとり式便所(第2話)、胴乱(第3話)、植物標本の作り方(第3話)、野冊(第3話)、台風(第4話)、路面電車(第6話)、ボーリングブーム(第6話)、街灯(第7話)、沢貫法(第9話)、百人一首(第11話)