• 本

マリス博士の奇想天外な人生

ハヤカワ文庫 NF 290

出版社名 早川書房
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-15-050290-4
4-15-050290-0
税込価格 924円
頁数・縦 339P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

DNAの断片を増幅するPCRを開発して、93年度のノーベル化学賞に輝いたマリス博士。この世紀の発見はなんと、ドライブ・デート中のひらめきから生まれたものだった!?幼少期から繰り返した危険な実験の数々、LSDのトリップ体験もユーモラスに赤裸々告白。毒グモとの死闘あり、宇宙人との遭遇あり…マリス博士が織りなすなんても楽しい人生に、きっとあなたも魅了されるはず。巻末に著者特別インタビュー掲載。

目次

デートの途中でひらめいた!
ノーベル賞をとる
実験室は私の遊び場
O・J・シンプソン裁判に巻きこまれる
等身大の科学を
テレパシーの使い方
私のLSD体験
私の超常体験
アボガドロ数なんていらない
初の論文が「ネイチャー」に載る〔ほか〕

著者紹介

マリス,キャリー (マリス,キャリー)   Mullis,Kary
1944年ノース・カロライナ州生まれ。幼い頃に化学の楽しさに目覚め、寛大な母のもと、さまざまなアブない実験を繰り返す。ジョージア工科大学卒業後に就職したシータス社の研究者時代に、PCR(ポメラーゼ連鎖反応)を発明。この業績が認められ、1993年にノーベル化学賞を受賞。無類の女性好きやサーフィン狂としても有名で、各メディアで話題になる。現在は四人目の妻ナンシーとともに、カリフォルニア州ニューポートビーチ在住
福岡 伸一 (フクオカ シンイチ)  
1959年生。京都大学卒。ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授を経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授。分子細胞生物学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)