• 本

小さなものの諸形態 精神史覚え書

増補

平凡社ライブラリー 496

出版社名 平凡社
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-582-76496-3
4-582-76496-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 258P 16cm

商品内容

要旨

「消滅へ向かいつつある存在とは、「今日の人間」全体ではないか。人類とは潜在的少数派ではないのか。」バルトークからシモーヌ・ヴェイユまで、いくつかの断片に即して二十世紀という時代の経験を読み解き、思想態度のかたちを問う、十四篇の「考える言葉」。今日なお救い出すべきものを探りあてる批評的実践。

目次

文化崩壊の経験―晩年のバルトークについての脚註
小さなものの諸形態―精神史の再測定のための覚え書
経験の「古典」化のための覚え書
「残像」文化
在日三世のカフカ
落下する世界
友情の点呼に答える声
家族という場所
貧民の都市
夢の弁証法
考える言葉
記憶の縁の文字
反歴史―「思考しえぬものの思考」の試み
叙事詩的精神についての脚註

出版社
商品紹介

バルトークや先住民イシをはじめ、いくつかの断片に即して、20世紀という時代の経験を読み解く。思想態度の形を問う批評の試み。

著者紹介

市村 弘正 (イチムラ ヒロマサ)  
思想史研究者。1945年生まれ。大学および大学院で思想史と社会哲学を学ぶ。思想文化の諸領域を横断しながら、社会と精神の変質の解読に専念している。現在、法政大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)