• 本

浜尾四郎探偵小説選

論創ミステリ叢書 6

出版社名 論創社
出版年月 2004年4月
ISBNコード 978-4-8460-0416-3
4-8460-0416-3
税込価格 2,700円
頁数・縦 392P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

女に翻弄される男たち!死を呼ぶ三角関係の悦楽と慚愧。法の限界に苦悩する弁護士作家が、法で裁けぬ愛憎の謎を活写する。

著者紹介

浜尾 四郎 (ハマオ シロウ)  
1896(明29)年、東京生まれ。1923(大12)年、東京帝国大学法学部を卒業。25年、東京地方裁判所の検事に就任。28(昭3)年に辞職し、弁護士を開業。29年、処女短編「彼が殺したか」を発表。以後、「殺された天一坊」(29年)「彼は誰を殺したか」(30年)など、「法律的探偵小説」と評される優れた作品を残した。長編には、『殺人鬼』(32年)『鉄鎖殺人事件』(33年)があり、戦前には数少ない、S・S・ヴァン・ダイン風の重厚な本格ものとして注目される。35年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)