• 本

尾崎放哉全句集

ちくま文庫 お57−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2008年2月
ISBNコード 978-4-480-42418-1
4-480-42418-0
税込価格 946円
頁数・縦 476P 15cm

商品内容

要旨

「咳をしても一人」などの句で知られる自由律の俳人・尾崎放哉。前途を嘱望されたエリート社員だったが、家族も仕事も捨て、流浪の果て、孤独と貧窮のうちに小豆島で病死。その破滅型の境涯は、同時代の俳人・種田山頭火と並び、いまなお人々に感銘を与えつづける。本書は、遁世以後の境地を詠んだ絶唱を中心に全句稿を網羅するとともに、小品・日記・書簡を精選収録する。遁世漂泊の俳人の全容を伝える決定版全句集。

目次

俳句(遁世以後(大正一三年〜大正一五年)
俗世の時代
句稿(大正一四年〜大正一五年)
俗世の時代・拾遺)
小品・随筆・書簡(夜汽車
入庵雑記
大正十三年八月二十二日 住田蓮車あて書簡
大正十三年十二月十五日 佐藤呉天子あて書簡 ほか)

著者紹介

尾崎 放哉 (オザキ ホウサイ)  
1885‐1926。現在の鳥取市に生まれる。本名・秀雄。東京帝国大学法学部卒業後、東洋生命保険株式会社に入社。旧制中学時代から句作を始め、一高俳句会に参加、萩原井泉水の「層雲」に寄稿するなど、自由律の俳人として句作を続けた。流浪遁世ののち小豆島南郷庵にて41歳で病死
村上 護 (ムラカミ マモル)  
1941年愛媛県大洲市生まれ。愛媛大学卒業。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)