• 本

消費生活経済学

3訂

出版社名 光生館
出版年月 2008年12月
ISBNコード 978-4-332-20077-2
4-332-20077-2
税込価格 2,160円
頁数・縦 196P 21cm
シリーズ名 消費生活経済学

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

第1部 21世紀の消費生活経済学の背景(生産の経済学と「再生産」の経済学
今日の商品生産・消費・流通・購買・廃棄
「フェミニスト経済学」・ペイ・エクイティ・生活賃金
家計・消費の構造)
第2部 家計と消費(単身家計・共稼ぎ家計と女性の経済力
農家家計と女性の経済力
生涯家計と高齢期のライフステージ
多重債務と家計)
第3部 消費生活の新たな展開(福祉環境の変化、生活の社会化と消費
地域活動・NPOと社会的経済
グローバリゼーションと消費
持続可能な消費形態と新しいライフスタイル―「持続可能な開発のための教育」(ESD)を射程に入れて)

目録情報

フェミニスト経済学と消費経済学を繋ぎ,無償労働評価に注目,消費者問題・消費者政策を取り入る。(生活・健康・栄養図書総目録より)

著者紹介

伊藤 セツ (イトウ セツ)  
昭和女子大学教授
川島 美保 (カワシマ ミホ)  
首都大学東京教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)