• 本

労働者人格権の研究 角田邦重先生古稀記念 上巻

出版社名 信山社
出版年月 2011年3月
ISBNコード 978-4-7972-1964-7
4-7972-1964-5
税込価格 13,200円
頁数・縦 500P 22cm
シリーズ名 労働者人格権の研究

商品内容

要旨

普遍的テーマから最新の課題まで、職場における労働者人格権の現状を40名の執筆で総合的に検討。

目次

第1章 労働者人格権の総論的課題(労働者人格権の射程
労働法学における新たな法思想「社会的包摂」の可能性
公法・私法一元論と団結権・人格権―団結活動に対抗的な業務命令をめぐる判例を素材として
ディーセント・ワークと労働者人格権―特に女性労働者に焦点をあてて
法的パターナリズムと労働者保護―ドイツの議論を中心に ほか)
第2章 労働契約と労働者人格権(労働者の人格的利益と差止請求
ドイツ労働法における集団自治と契約自治
契約の自由と競業避止義務について―イギリス法における営業の自由と営業制限の法理に即して
労働契約における危険負担法理の法的課題―ドイツと日本の給付障害法と賃金請求権論
Das Fragerecht des Arbeitgebers in Deutschland ほか)

著者紹介

山田 省三 (ヤマダ ショウゾウ)  
1948年8月生まれ。1981年中央大学大学院法学研究科博士課程満期退学。現在、中央大学大学院法務研究科教授
石井 保雄 (イシイ ヤスオ)  
1953年7月生まれ。1983年一橋大学大学院法学研究科博士課程単位修得。現在、獨協大学法学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)