• 本

味つけはしょうゆ、砂糖、塩だけ! 美味おかず読本

講談社のお料理BOOK

出版社名 講談社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-06-299535-1
4-06-299535-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 87P 23cm

商品内容

要旨

だしなし、酒・みりんなしでも、きっちりおいしい。肉じゃがからトマト煮、グラタンまで、失敗なしの味つけ黄金比で80品。

目次

1 しょうゆ、砂糖を同量ずつでご飯がすすむガッツリ系の甘辛味(関西風牛丼の具
白菜と豚肉のくたくた煮 ほか)
3 やや甘さ控えめの甘辛おかずは、しょうゆ、砂糖を3対2(なすと牛肉の柳川風
トマトと牛肉のさっと煮 ほか)
3 淡口しょうゆ、みりんがなくても関西風の味に(水菜とじゃこの煮びたし
小松菜のかつお節直煮びたし ほか)
4 砂糖と塩だけの、色もきれいなシンプル味(そら豆の翡翠煮
スナップえんどうの翡翠煮 ほか)
5 トマト煮込みは、トマト缶1缶に塩小さじ1で味が決まる(たっぷり野菜のミートソース
ミートソースパスタ ほか)
6 塩小さじ1/2が決め手の簡単ホワイトソース(ホワイトソース
コーンポタージュ ほか)

出版社
商品紹介

昔ながらのおふくろの味はシンプルな味つけだった。使うのは、しょうゆ・砂糖・塩だけ。調味料の黄金比率をマスターすれば、基本の家庭料理が簡単に作れる。

著者紹介

山田 冨起子 (ヤマダ フキコ)  
フードライター。雑誌、新聞などに食に関する記事を執筆。企画・構成・取材を手がけた料理書も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)