• 本

美術館のワークショップ 世田谷美術館25年間の軌跡

出版社名 武蔵野美術大学出版局
出版年月 2011年12月
ISBNコード 978-4-86463-001-6
4-86463-001-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 214P 21cm

商品内容

要旨

美術館はぼくらの遊び場だ!新しい美術館のあり方を模索して生まれた数々のワークショップ。「日常と美術」をテーマに、代表的な8企画を担当学芸員と横尾忠則はじめアーティストたちがつづる。

目次

序章 世田谷美術館のワークショップ
第1章 開館記念展第四部「子どもと美術」ワークショップ
第2章 公開制作
第3章 ゲンキニ・エンゲキ
第4章 ミュージアム・オリエンテーリング
第5章 バック・トゥー・ネイチャー
第6章 日常即美術也
第7章 建築意匠學入門
第8章 TOKYOパノラマウォーク
終章 「日常と美術」は二五年間の活動で実現できたのか?
資料編

出版社
商品紹介

学芸員と横尾忠則などアーティスト達が、「日常と美術」をテーマに、新しい美術館を模索して生まれた数々のワークショップを紹介。

著者紹介

高橋 直裕 (タカハシ ナオヒロ)  
1955年生まれ。世田谷美術館学芸員。武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業。82年より世田谷美術館建設準備室に学芸員として勤務。86年同館開館以降、美術館における教育普及活動を専門として様々なプログラムを展開。主な展覧会に、90年「あそびのこころ」展、93年「ラヴ・ユー・トーキョー」桑原甲子雄・荒木経惟写真展、2003年「KALEIDOSCOPE六人の個性と表現」展など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)