• 本

日本バレエの母エリアナ・パヴロバ

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2012年3月
ISBNコード 978-4-657-12003-8
4-657-12003-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 331P 21cm

商品内容

目次

第1章 日本バレエ前史
第2章 エリアナ・パヴロバ日本での足取り
第3章 日本初のバレエ学校「パヴロバ・バレエスクール」
第4章 エリアナ・パヴロバ来日前の芸歴について
第5章 エリアナの弟子たちに遺された課題
資料編 エリアナ・パヴロバと日本バレエ

出版社・メーカーコメント

優美さの原点。すべては一人の女性からはじまった。 フランス、ロシア、英国などのバレエ先進国では、国立の養成所があるなどバレエは国家プロジェクトである。一方日本は、民間スクールの奮闘により数多くのスターダンサーを輩出、いまや世界屈指のバレエ大国となった。それはまさに日本の稽古事文化の枠組みにヨーロッパの身体芸術が見事に融合した結果といえる。しかし、この歴史的な快挙が一人の帰化女性により成し遂げられたという事実はあまり知られていない。 ロシア革命により故国を追われ、関東大震災で被災。復興期に日本バレエを立ち上げ、太平洋戦争時の慰問先で客死したエリアナ・パヴロバ(霧島エリ子)。彼女のバレエに捧げた人生は壮絶そのものであった。 著者は、亡命ロシア人エリアナの日本における足跡からロシアでの出自にいたるまでを博捜。精緻な考察,豊富な写真と資料で舞踊史の新たな世界を照らし出す。バレエファンのみならず、すべての日本人に贈る。 日本図書館協会選定図書。

著者紹介

川島 京子 (カワシマ キョウコ)  
日本学術振興会特別研究員。早稲田大学演劇博物館招聘研究員。1992年早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。2007年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。2010年「博士(文学)」取得(早稲田大学)。専攻は舞踊学、バレエ史、主に日本バレエ史。職歴:早稲田大学演劇博物館21世紀COE客員研究助手、米国コロンビア大学客員研究員、早稲田大学非常勤講師、法政大学兼任講師などを経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)