• 本

千年王国と未開社会

文化人類学叢書

出版社名 紀伊國屋書店出版部
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-314-00345-2
4-314-00345-6
税込価格 5,060円

商品内容

要旨

近代ヨーロッパ文化との接触は未開社会に何をもたらしたか?南太平洋メラネシア全域で展開された大規模な宗教運動と、それによる社会の変化を幅広く考察する。

目次

第1章 フィージィーのトゥカ運動
第2章 千年王国主義と社会変化
第3章 ニューギニアにおける初期の宗教運動
第4章 ヴァイララ狂信
第5章 カーゴ・カルト運動の拡大と発展
第6章 運動の継続―ブカ島の場合
第7章 日本軍の到来
第8章 ニューヘブリディーズ諸島の宗教運動
第9章 千年王国から政治へ
第10章 転換期
結論
付録

著者紹介

ワースレイ,ピーター (ワースレイ,ピーター)   Worsley,Peter
1924年英国・チェスター生まれ。カンタベリー大学卒業。マンチェスター大学で修士号(経済学・社会人類学)、オーストラリア国立大学で博士号(社会人類学)を取得。1964年よりマンチェスター大学社会学部教授を務める。サー・ジョージ・ウィリアムズ大学、ミシガン州立大学、ブランディーズ大学の客員教授、英国社会学会会長などを歴任
吉田 正紀 (ヨシダ マサノリ)  
1945年生まれ。立教大学経済学部卒業。米国イリノイ大学大学院ウルバナ・シャンペーン博士課程修了(Ph.D.文化人類学)。日本大学国際関係学部国際教養学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)