• 本

世界人名物語 名前の中のヨーロッパ文化

講談社学術文庫 2132

出版社名 講談社
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-06-292132-9
4-06-292132-4
税込価格 950円
頁数・縦 245P 15cm

商品内容

要旨

神々や英雄への憧憬、聖人や名君への賞賛から生まれた名前。歴史と文化に根ざす人々の思いと固有のイメージがこめられている名前の由来と変遷をさぐり、多様な文化の交流と積み重ねの上に成立しているヨーロッパの発想、価値観、社会観を明らかにする。ギリシャ・ローマ神話からハリウッドスターまで、人名で読み解くヨーロッパの文化、歴史、民俗。

目次

序章 名前がもつ豊かな世界
第1章 ヤハウエが臨在するヨーロッパ人の心
第2章 殉教聖人にひそむギリシャの神々や英雄
第3章 東からの光に照らされる覇者ローマ
第4章 キリスト教を受け入れて再生したゲルマン精神
第5章 現代に生きるケルトのロマン
第6章 北欧とビザンディンを繋ぐロシア

おすすめコメント

神々や英雄に憧れ、聖人や名君をたたえて生まれた名前の系譜と豊かなイメージとは何か? 人名から読み解く西欧文明の成立と多様性。

著者紹介

梅田 修 (ウメダ オサム)  
1941年、明石市生まれ。京都学芸大学英文科卒業。モンタナ州立大学教育学部修士課程修了。武庫川女子大学助教授を経て、流通科学大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)