• 本

WASIMO

出版社名 小学館
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-09-726499-6
4-09-726499-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 64P 27cm
シリーズ名 WASIMO

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • この絵本では、81歳で亡くなったおばあちゃんが”祖母型ロボット”「WASIMO」 としてよみがえる。「わしも」はおばあちゃんの口癖。 カタカタカタ……と入れ歯の音をさせながら動き、仏壇で充電する。 作者は、あの「あまちゃん」の脚本家宮藤官九郎。おもしろいはず。うなずける。

    (2014年2月25日)

商品内容

要旨

ひよりちゃんのためにパパが作ってくれたおばあちゃんそっくりのロボット、WASIMO。でも本物のおばあちゃんとはちょっとちがうぞ…!?『小学一年生』で連載され、大人気を博した作品がついに単行本になりました。子どもから大人までが楽しめるおはなしです。

出版社
商品紹介

亡くなったおばあちゃんの代わりに作られた祖母型ロボット「WASIMO」の物語。新幹線より脚が速くて、いろんなアプリが搭載されているWASIMOと、孫のひよりちゃんのおかしな生活を描く。

おすすめコメント

宮藤官九郎×安齋肇 劇的コラボ絵本! おばあちゃんが しんじゃった。毎日泣き暮らすひよりちゃんのために、お父さんが祖母型ロボット「WASIMO」を作ってくれました。WASIMOは新幹線より足が速くて、世界の物語やゲートボールアプリが搭載されているスーパーおばあちゃん!ひよりちゃんもすぐにWASIMOが大好きになりました。ときには恋をしたり、オリンピックに挑戦するWASIMOとひよりちゃんのおかしな生活を描いた物語です。 【編集担当からのおすすめ情報】 2013年春からのNHK朝ドラの脚本も手掛ける宮藤官九郎さん初の絵本です!

出版社・メーカーコメント

宮藤官九郎×安齋肇 劇的コラボ絵本!おばあちゃんが しんじゃった。毎日泣き暮らすひよりちゃんのために、お父さんが祖母型ロボット「WASIMO」を作ってくれました。WASIMOは新幹線より足が速くて、世界の物語やゲートボールアプリが搭載されているスーパーおばあちゃん!ひよりちゃんもすぐにWASIMOが大好きになりました。ときには恋をしたり、オリンピックに挑戦するWASIMOとひよりちゃんのおかしな生活を描いた物語です。

著者紹介

宮藤 官九郎 (クドウ カンクロウ)  
1970年、宮城県生まれ。91年より「大人計画」に参加。脚本家、監督、俳優など幅広く活躍。テレビドラマ『木更津キャッツアイ』、『うぬぼれ刑事』、『11人もいる!』、映画『舞妓Haaaan!!!』、『なくもんか』など話題作の脚本を数多く手掛ける。また、パンクコントバンド「グループ魂」“暴動”の名前でギターを担当し、人気を博す
安齋 肇 (アンザイ ハジメ)  
1953年、東京都生まれ。イラストレーター、アートディレクター。髭の王様『リゾッチャ』のキャラクターデザインをはじめ、NHKみんなのうた『ホャホャラー』などアニメーションや絵本を発表している。また展覧会やナレーション、音楽活動にも注力しており、活動中である。テレビ朝日系『タモリ倶楽部』に出演、空耳アワーのソラミミストとしても、お馴染み(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)