• 本

隻眼の少女

文春文庫 ま32−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-16-783846-1
4-16-783846-X
税込価格 902円
頁数・縦 506P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 隻眼の少女

    隻眼の少女探偵だった母が解決した連続殺人事件。
    しかし、18年後惨劇が繰り返される。
    母の後を継いだ御陵みかげが究極の謎を解き明かす。
    ミステリの定石を覆す意外な結末とは・・・。

    (2013年4月13日)

  • 隻眼の美少女探偵・御陵みかげ。とある寒村で起きた少女の首切りを始めとする連続殺人事件を解決するが18年後、また同様の事件が起こる。予想を悉く裏切る展開、そして意外な結末。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞したことからもわかるように本格ミステリの傑作。絶対読んでおくべき1冊。

    (2013年3月23日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとともに連続殺人事件を解決するが、18年後に再び惨劇が…。日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した、超絶ミステリの決定版。

著者紹介

麻耶 雄嵩 (マヤ ユタカ)  
1969年、三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。京都大学工学部卒業。在学中に推理小説研究会に所属。1991年に島田荘司、綾辻行人、法月綸太郎各氏の推薦を受け、『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビューを果たす。2011年には『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)と第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)