• 本

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

文春文庫 ル5−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-16-765186-2
4-16-765186-6
税込価格 1,012円
頁数・縦 467P 16cm

商品内容

要旨

世界中が、アメリカ発の住宅好況に酔っていた2000年代半ば、そのまやかしを見抜き、世界経済が破綻する方に賭けた男達がいた。投資銀行、格付機関、米政府の裏をかき、彼らはいかに世紀の空売りと呼ばれる大相場をはったのか。『マネー・ボール』の著者マイケル・ルイスが世界同時金融危機の実相を描く痛快NF。

目次

カジノを倒産させる
そもそもの始まり
隻眼の相場師
トリプルBをトリプルAに変える魔術
格付け機関は張り子の虎である
ブラック=ショールズ方程式の盲点
遭遇のラスヴェガス
偉大なる宝探し
長い静寂
沈没する投資銀行
ノアの方舟から洪水を観る
すべては相関する

著者紹介

ルイス,マイケル (ルイス,マイケル)   Lewis,Michael
1960年ニューオリンズ生まれ。プリンストン大学から、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学。80年代のマネーカルチャーを創造した投資銀行ソロモン・ブラザーズでの体験を書いた『ライアーズ・ポーカー』で作家デビュー
東江 一紀 (アガリエ カズキ)  
1951年生まれ。北海道大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)