• 本

道徳感情論 人間がまず隣人の、次に自分自身の行為や特徴を、自然に判断する際の原動力を分析するための論考

講談社学術文庫 2176

出版社名 講談社
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-06-292176-3
4-06-292176-6
税込価格 2,321円
頁数・縦 697P 15cm

商品内容

要旨

『国富論』より重要なスミスの名著が、読みやすい訳文で登場!調和ある社会の原動力とは何か?鋭い観察眼・深い洞察力と圧倒的な例証により、個人の心理と社会の関係を解明した傑作!

目次

第1部 行為の適合性について
第2部 功績と欠陥について、すなわち、報奨と罰の対象について
第3部 我々自身の感情と行為に関する我々の判断の基礎、および義務感について
第4部 是認という感情に対して効用がもつ効果について
第5部 道徳的な是認や否認という感情に対する慣習や流行の影響について
第6部 美徳の特徴について
第7部 道徳哲学の体系について

著者紹介

スミス,アダム (スミス,アダム)   Smith,Adam
1723‐1790。英国の経済学者・道徳哲学者
高 哲男 (タカ テツオ)  
1947年生まれ。九州大学経済学部経済学科卒業。現在、九州産業大学大学院教授、九州大学名誉教授。博士(経済学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)