• 本

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-16-376410-8
4-16-376410-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 223P 19cm

商品内容

要旨

変化を恐れて過去にしがみつくのではなく、変化を前向きに受けとめ、新しい時代の可能性を楽しもうとする姿勢が、時代の変わり目には重要です。社会が激変する次の10年を楽しくワクワク生き抜くために!

目次

序章 “働き方本”、ブームが示すモノ
第1章 現状維持の先にある未来
第2章 世界を変える3つの革命的変化
第3章 新しい働き方を模索する若者たち
第4章 「ふたつの人生を生きる」
第5章 求められる発想の転換
終章 オリジナル人生を設計するために

出版社
商品紹介

先の見えない定年延長が囁かれる中、20代で選んだ仕事を70代まで続けるの?人気ブロガーが「人生を2度生きる」働き方を提案。

出版社・メーカーコメント

本書は、月間200万PVを集める超人気ブロガー・ちきりん氏による、「働き方」論です。近い将来、グローバル化や定年延長などにより、働き方が激変することは頭では理解できても、自分自身が十数年後どうしているのか、子供の未来がどうなるのかまで、リアルに想像できる人は、あまりいないのではないでしょうか? 本書を読めば、自分と家族の未来を「自分ゴト」として危機感をもって捉え、今後の仕事と人生について熟考できるはずです。これから社会に出る若い人にも、40をすぎた人にも、大きな示唆を与えてくれる本です。

著者紹介

ちきりん (チキリン)  
関西出身。バブル最盛期に証券会社で働いた後、米国での大学院留学を経て外資系企業に勤務。2010年に退職してからは文筆活動や対談を中心に、“楽しいことだけして暮らす”人生ふたつめの働き方を実践中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)