• 本

「自分事の問題解決」をめざす理科授業

教育の羅針盤 3

出版社名 図書文化社
出版年月 2013年11月
ISBNコード 978-4-8100-3640-4
4-8100-3640-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 173P 19cm

商品内容

要旨

「なぜ?」「どうして?」のある授業が、子どもを本気にさせる。論理的思考、批判的思考、実践的思考の三位一体で科学的思考力を育てる理科授業のあり方。

目次

第1章 「自分事の問題解決」で展開する理科授業
第2章 学力調査にみる理科教育の成果と課題
第3章 これからの時代に求められる科学的思考力
第4章 実りある授業研究のための3つのフェイズ
第5章 一教育者としてのライフストーリー

出版社
商品紹介

論理的思考,批判的思考,実践的思考の三位一体で科学的思考力を育てる。文部科学省教科調査官である著者が,理科授業の骨子を語る。

著者紹介

村山 哲哉 (ムラヤマ テツヤ)  
文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官、学力調査官。1963年、東京都生まれ。東京学芸大学教育学部卒業。東京都内公立小学校教諭、副校長、東久留米市教育委員会指導主事、墨田区教育委員会統括指導主事等を経て、2009年より現職。この間、第4期中教審教育課程部会理科専門部委員、学習指導要領改善協力者会議委員などを務め、今次の小学校学習指導要領理科の作成において中心的な役割を果たす。現在、東京大学大学院教育学研究科在学中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)