• 本

丸山眞男と吉本隆明 回想風思想論 他三篇

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2014年2月
ISBNコード 978-4-88142-836-8
4-88142-836-5
税込価格 3,850円
頁数・縦 441P 20cm

商品内容

要旨

丸山眞男と吉本隆明の思想、その特質と営為を二十世紀後半の思潮と、日本近現代の困難の中に追う!ヘーゲル、マルクス、サルトル、マルクーゼ、アルチュセール、フーコー、デリダ、ドゥルーズ、ガタリ、ボードリヤール、等に言及しつつ、同時代の思考者として、丸山・吉本思想を考察する。他、精神史的問題意識と状況論的視座からの力作三篇を収録。『ドストエフスキー白夜の詩魂』の著者による思想論。

目次

1 丸山眞男と吉本隆明―回想風思想論(四〇年代〜六〇年代
六〇年代〜七〇年代 ほか)
2 日本的思惟の様相(詩歌論における思惟の様相(荷田在満、賀茂真淵、本居宣長、藤原惺窩、荻生徂徠、熊沢蕃山、伊藤仁斎などにふれて)
渦動する思惟と整序する思惟(松尾芭蕉、藤原公任、菅原道真、江戸漢詩などにふれて) ほか)
3 日本近代における個人主義の契機と諸相(社会文明論と美学文学論における個人主義の契機
社会主義論と自然主義論における個人主義の諸相)
4 夏目漱石の個人主義(『老子の哲学』と『ホイットマン論』
『文学論』と『文学評論』 ほか)

著者紹介

柳澤 勝夫 (ヤナギサワ カツオ)  
1942年東京都生まれ。早稲田大学卒業。元高校教諭。「春秋通信」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)