• 本

ウイルス ミクロの賢い寄生体

サイエンス・パレット 016

出版社名 丸善出版
出版年月 2014年4月
ISBNコード 978-4-621-08816-6
4-621-08816-5
税込価格 1,100円
頁数・縦 240P 18cm

商品内容

要旨

人類のウイルス観の変遷、感染のしくみ、さまざまな感染症の起源と現状、治療技術の進歩、ウイルスの地球生命圏における役割、そして私たちとウイルスとのこれからの付き合い方に関する提言まで、ウイルスの全体像を描き出す。この小さな賢い寄生体がどこから来て、本当は何がしたくて、どこへ向かうのか。それを考えることのできる一冊。

目次

1 ウイルスとは?
2 世界中ウイルスだらけ
3 殺すか殺されるか
4 新興ウイルス感染症
5 流行と大流行
6 持続感染ウイルス
7 腫瘍ウイルス
8 形勢逆転
9 ウイルスの過去、現在、未来

出版社
商品紹介

ウイルスはどこから来て、何を引き起こし、どこへ行くのか?ウイルスというものを丸ごととらえて理解する新しい読み物。

著者紹介

クローフォード,ドロシー・H. (クローフォード,ドロシーH.)   Crawford,Dorothy H.
英国の医学者。ウイルスとヒトの腫瘍に関する研究に従事。2005年に医学と高等教育への貢献で大英帝国勲章を受章。2007年よりエディンバラ大学のPUM(一般市民の医学の理解)部門の教頭を務める
永田 恭介 (ナガタ キョウスケ)  
1953年生まれ。筑波大学学長。薬学博士。アルバート・アインシュタイン医科大学博士研究員、スローンケタリング記念がんセンター研究員、国立遺伝学研究所助手、東京工業大学准教授、筑波大学基礎医学系教授などを経て2013年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)