• 本

人生には「まさか」の坂がある

出版社名 二見書房
出版年月 2015年1月
ISBNコード 978-4-576-14165-7
4-576-14165-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 205P 19cm

商品内容

目次

序章 「俺」について
第1章 生きることについて
第2章 人というものについて
第3章 気のもち方について

出版社
商品紹介

沖縄で唄者として活躍する安里賢次には波瀾万丈の人生があった。数々の困難を乗り越えた著者ならではの優しい眼差しに満ちた言葉集。

おすすめコメント

志茂田景樹氏推薦! 「ケン坊の太鼓、三線はみんなを勇気づける。 本書を読んでその訳が解った。壮絶な人生で得た心の言葉で打ち弾いている。」 堀江貴文氏推薦! 「この圧倒的な人間力! これを読むと、みんな元気が出ますよ。」     波瀾万丈の人生を歩んできた著者が贈る元気になる言葉集。 この本には自由に生きられるヒントがたくさん詰まっています。     「信用はあくまで勝手な期待。たとえ相手が彼氏や旦那、女房でも同じ。  結局、自分自身しか頼れないよ。これを聞いた人は「人を信用しないなんて寂しい人生だ」と思うだろうな。だけど俺は「とにかく人を疑え」と言っているんじゃないよ。  勝手に期待しておいて、あとで「裏切られた」とがっかりする。そのうえ相手を憎んだりする。そのほうがよほど身勝手な話じゃないか?   そういう人は自分の力で生きることを忘れている。そう言いたいんだ。俺は会社だとか学歴だとかに頼れない生き方をしてきた。どんなピンチに陥ったとしても、とにかく自分で何とかするしかなかった。  だからわかったことがある。とても単純なことだ。人生、何が起きるかわからないということさ。(本文より)」

著者紹介

安里 賢次 (アサト ケンジ)  
昭和28年那覇市生まれ。15歳のとき琉球民謡に心を奪われ登川誠仁氏に師事する。中学卒業後ダンプの運転手、タクシードライバーなどさまざまな職業に就くが、酒癖が悪く喧嘩三昧の日々を送る。やがてアウトローの道に。平成7年「泰山石巖當(たいざんいしがんとう)」という曲でデビュー。平成8年、太鼓ライブの店「まさかやぁー」をオープン。太鼓、三弦、ボーカルはもちろんのこと、軽妙な説法が人を惹きつけ、口コミであらゆる業界から人が集まるようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)