• 本

卵子探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

出版社名 小学館
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-09-388416-7
4-09-388416-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 237P 19cm

商品内容

要旨

欧州在住の著者は、ある日、『卵子提供のフリーダイヤル』といウ日本語ポスターを目にする。「なぜ、誰のために?」―その疑問から、いつしか世界6カ国にわたる不妊治療現場取材の旅に出て、各国の異なる価値観、技術や制度を知る。第21回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。

目次

第1章 スペイン―卵子が溢れる国
第2章 フランス―保険適用の落とし穴
第3章 日本―三つの有名クリニックを訪ねる
第4章 アメリカ―患者の求めるままに
第5章 タイ―先端技術は正しいか
第6章 スウェーデン―親の権利より子供の幸せ
最終章 日本―産めない先進国

おすすめコメント

なぜ、彼女たちは日本で産まないのか 先進国では出産の高齢化が進行している。それにともない、日本でも不妊治療の件数が増加、2012年には体外受精で生まれた子供の割合が27人に1人の割合になった。しかし、日本では技術の進歩に法律が追い付かず、「出生前診断」「代理出産」「第三者卵子提供」「出自を知る権利」――など、生殖医療がはらむ様々な問題点について、ここ数年、議論を重ねているという現状がある。この国には、いまだ法律が存在しないのだ。スペイン在住の著者は、ある日、バルセロナで『卵子提供のフリーダイヤル』という日本語のポスターを目にする。「なぜ、誰のために?」 その素朴な疑問からスペインだけでなく、フランス、アメリカ、日本、タイ、スウェーデンと、いつしか、世界6カ国に亘る不妊治療現場の旅に出る。異なる価値観を持った、各国の医師や専門家から技術や制度を教えられる一方、不妊に悩む女性たちの体験に耳を傾けた。6組に1組が不妊に悩む日本。各国の専門医や患者の証言を経て、子を授かることの意義を探りながら、日本で起きている不妊治療論争を多角的に論じる。

著者紹介

宮下 洋一 (ミヤシタ ヨウイチ)  
1976年、長野県生まれ。18歳で単身アメリカに渡り、ウエスト・バージニア州立大学外国語学部を卒業。その後、スペイン・バルセロナ大学大学院で国際論修士、同大学院コロンビア・ジャーナリズム・スクールで、ジャーナリズム修士。フランス語、スペイン語、英語、ポルトガル語、カタラン語を話す。スペインの全国紙「エル・ペリオディコ」で記者経験後、フリージャーナリストとして世界各地を取材(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)