• 本

性からよむ中国史 男女隔離・纏足・同性愛

出版社名 平凡社
出版年月 2015年6月
ISBNコード 978-4-582-48221-8
4-582-48221-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 316P 21cm

商品内容

要旨

儒教的慣習や一人っ子政策の下での女児殺害といびつな男女比、独身男性や自殺する女性の多さ、アイデンティティの表明としての纏足や辮髪、同性愛や異性装をめぐる価値観の変遷―。政治や法、医学、芸術、スポーツまで、西洋的概念では捉えきれない、性の視点から見渡す伝統中国から近現代中国への変化。

目次

“閨秀”と“光棍”
第1部 ジェンダー、セクシュアリティ、国家(家族と国家―女性隔離
女性の人身売買と独身男性問題
政治と法のなかのセクシュアリティとジェンダー関係)
第2部 ジェンダー、セクシュアリティ、身体(医学・芸術・スポーツのなかの身体
装飾され、誇示され、隠蔽され、変形された身体
放棄される身体―女性の自殺と女児殺し)
第3部 ジェンダー、セクシュアリティ、他者(同性関係とトランスジェンダー
創作のなかのセクシュアリティ
セクシュアリティと他者)
ジェンダー、セクシュアリティ、公民性

出版社
商品紹介

儒教的男尊女卑が招いた女児殺害やいびつな男女比、未婚男性や自殺女性の増大。政治や法、医療から芸術まで性から見渡す中国近現代史。

著者紹介

マン,スーザン (マン,スーザン)   Mann,Susan
カリフォルニア大学デイビス校歴史学部名誉教授。1999‐2000年アメリカアジア学会(AAS,Association for Asian Studies)会長。主な著作Precious Records:Women in China’s Long Eighteenth Century(Stanford University Press、1997、AASレベンソン賞受賞)、The Talented Women of the Zhang Family(University of California Press、2007、アメリカ歴史学会フェアバンク賞受賞)
小浜 正子 (コハマ マサコ)  
1958年生まれ。日本大学文理学部教授、中国女性史研究会代表。専門は中国近現代社会史、中国ジェンダー史
グローブ,リンダ (グローブ,リンダ)   Grove,Linda
1944年生まれ。上智大学名誉教授。専門は中国近現代社会経済史
秋山 洋子 (アキヤマ ヨウコ)  
1942年生まれ。駿河台大学元教授。専門は中国文学、女性学
板橋 暁子 (イタハシ アキコ)  
1981年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在学。専門は魏晋南北朝史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)