• 本

ももクロ見聞録 ももいろクローバーZ公式記者インサイド・レポート2013−2015

出版社名 SDP
出版年月 2015年8月
ISBNコード 978-4-906953-32-5
4-906953-32-8
税込価格 1,731円
頁数・縦 285P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

あらゆる“点”が1本の“線”に―。ももいろクローバーZという、現在進行形の奇跡の軌跡。戸惑いや苦悩を超えて日々進化する5人。その姿をもっとも至近距離で見つめ続けてきた記者が明かす、いままでどこにも語られてこなかった“真実の物語”。

目次

序章 逆流する記憶、リンクする現実。―2015年2月12日、名古屋にて
第1章 「見えない聖火」の行方。―誰にも知られずに進んでいたRoad to国立競技場
第2章 国立競技場、到達。
第3章 国立の向こう側に、虹がかかった。
第4章 新たなる幕が上がった、夏。
第5章 消えた「3度目の正直」。
最終章 永遠に下ろされない「幕」。
解題 川上アキラ すべての伝説は、「書き記す」という営みによってのみ生き続ける。

おすすめコメント

すべての“点”が1本の“線”に―。ももいろクローバーZという現在進行形の奇跡の軌跡。日々進化する5人のメンバーを至近距離で見つけ続けたきた記者が明かす、今まで誰にも語られてこなかった“真実の物語”。国民的アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の2013〜2015年の足どりを、どこよりも詳細に綴った“見聞録”。ライブ本番のみならず、リハーサルやレッスン、時には楽屋にまで入ることを許されている小島記者が描く、舞台裏の真実。2013年8月に白夜書房から刊行された『ももクロ活字録2011〜2013』は月刊誌『BUBKA』での連載原稿をまとめた「客席からの観戦記」であったのに対し、本書はオール書き下ろしの「密着取材記」となる。また、同著者は『Quick Japan』で継続的にももいろクローバーZのレポートを執筆してきたが、QJ執筆時には諸事情により書くことができなかった事柄や、省かざるを得なかった重要なエピソードが大量にあるため、本書によって今まで表に出されていなかった“本当の物語”が明るみに出るインパクトは大きいと思われる。本書は数百時間にも及ぶ莫大な取材の結晶であり、ももいろクローバーZが国立競技場を通過して、新たなステージへと歩みを進めていく姿を追った全記録である。

著者紹介

小島 和宏 (コジマ カズヒロ)  
1968年生まれ。89年、大学在学中に『週刊プロレス』の記者になる。92年、大学卒業後は発行元であるベースボール・マガジン社に就職。8年間の記者生活の後、スカイパーフェクTVにヘッドハンティングされる。その後から現在までフリーライター&エディター。近年はももいろクローバーZをはじめとしたアイドルに言及した取材・執筆も多く、『週刊プロレス』流の活字アイドルレポート技法が多くのファン・関係者から支持されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)