• 本

首切りの歴史

出版社名 河出書房新社
出版年月 2015年9月
ISBNコード 978-4-309-20685-1
4-309-20685-9
税込価格 3,520円
頁数・縦 342P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

なぜ人は斬られた首に魅了されるのか?見せしめ、コレクション、科学や芸術、崇拝の対象…。驚愕のエピソード満載の異色歴史ノンフィクション!

目次

第1章 首狩り族(ビット・リヴァーズ博物館の干し首
首と銃を交換するビジネス ほか)
第2章 戦利品の首(太平洋戦争中の首狩り
土産物ハンティング ほか)
第3章 反逆者の首(二一世紀の処刑台
社会の価値観間の変化 ほか)
第4章 額に入れた首(究極の肖像
画家たちが追求した断頭シーン ほか)
第5章 聖なる首(オリヴァー・ブランケットの首
注目と富を集める首 ほか)
第6章 頭蓋骨フィーバー(骨相学ブーム
人種の研究という科学 ほか)
第7章 切開される頭部(人体解剖の授業
感情の切り替え方を学ぶ ほか)
第8章 生きている頭部(水槽に浮かぶ脳
ギロチン処刑後に動く東部 ほか)

出版社
商品紹介

見せしめ、コレクション、科学や芸術の対象……。なぜ人々は首を切断したがるのか? 驚愕のエピソード満載の歴史ノンフィクション!

著者紹介

ラーソン,フランシス (ラーソン,フランシス)   Larson,Frances
オックスフォード大学の名誉研究員。著書にヘンリー・ウォルカムの伝記An Infinity of Things、博士号取得後に研究員として勤務した
矢野 真千子 (ヤノ マチコ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)