• 本

脱原発の哲学

出版社名 人文書院
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-409-04108-6
4-409-04108-8
税込価格 4,290円
頁数・縦 460P 20cm

商品内容

要旨

福島第一原発事故から五年、ついに脱原発への決定的理論が誕生した。科学、技術、政治、経済、歴史、環境などあらゆる角度から、かつてない深度と射程で論じる巨編。

目次

序論
第1部 原発と核兵器(核アポカリプス不感症の現状―ギュンター・アンダースから福島第一原発事故後の状況を考える
原子力発電と核兵器の等価性―フーコー的「権力=知」の視点から
絶滅技術と目的倒錯―モンテスキュー、ナンシーから原子力=核技術を考える)
第2部 原発をめぐるイデオロギー批判(低線量被曝とセキュリティ権力―「しきい値」イデオロギー批判
予告された事故の記録―「安全」イデオロギー批判1
ノーマル・アクシデントとしての原発事故―「安全」イデオロギー批判2)
第3部 構造的差別のシステムとしての原発(電源三法と地方の服従化
『原発切抜帖』が描く構造的差別
構造的差別の歴史的「起源」―電力、二大国策、長距離発送電体制)
第4部 公害問題から福島第一原発事故を考える(足尾鉱毒事件と構造的差別
回帰する公害、回帰する原発事故
公害、原発事故、批判的科学)
結論 脱原発の哲学

著者紹介

佐藤 嘉幸 (サトウ ヨシユキ)  
1971年、京都府生まれ。筑波大学人文社会系准教授。京都大学大学院経済学研究科博士課程を修了後、パリ第10大学にて博士号(哲学)取得
田口 卓臣 (タグチ タクミ)  
1973年、神奈川県生まれ。宇都宮大学国際学部准教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)