• 本

欧州の危機 Brexitショック

出版社名 東洋経済新報社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-492-44435-1
4-492-44435-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

欧州債務危機、難民への対応、イギリスの離脱決定という難題が続き、EUは「統合疲れ」に陥った。統合の形を修正することで、加盟国拡大の負の影響と欧州懐疑派の台頭を乗り越えられるのか。欧州統合の歴史を踏まえて、EUが抱える課題の行方を読み解く。

目次

序章 欧州の危機の諸相
第1章 欧州統合の方程式とその限界
第2章 統合方程式の修正形―アラカルト欧州と2速度式欧州
第3章 通貨ユーロと2速度式欧州
第4章 イギリス離脱問題とアラカルト欧州
第5章 イギリス離脱後の欧州統合

おすすめコメント

イギリスの離脱、ギリシャの巨額債務、押し寄せる難民・・・EUの3大問題はどう解決されるのか? およそ30カ国へと広がった加盟国の間では、考え方や経済的な能力の違いもめだつ。EUは統合の形を変えざるを得ない。「アラカルト欧州」、「2速度式欧州」などの方式をはじめ、新たな統合の形が模索されている。それは国際政治やグローバル投資家、欧州関連企業に、どのような波紋を広げていくのか。EU研究の第一人者が、不安定化する欧州を展望する。

著者紹介

庄司 克宏 (ショウジ カツヒロ)  
慶應義塾大学大学院法務研究科教授。ジャン・モネEU研究センター所長。1990年慶應義塾大学法学研究科博士課程単位取得退学。横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授等を経て現職。日本EU学会元理事長。2002年欧州委員会よりジャン・モネ・チェア授与。2009‐10年外務省日EU関係有識者委員会委員。専門分野は、EUの法と政策。現在の研究テーマは、EUガバナンスの法制度的研究など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)