• 本

アリさんとキリギリス 持たない・非計画・従わない時代

出版社名 さくら舎
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-86581-075-2
4-86581-075-7
税込価格 1,760円
頁数・縦 173P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「勤労と貯蓄」を美徳としたイソップ寓話『アリとキリギリス』誕生から二千五百年。人工知能・ロボットをはじめとする技術発展や経済状況の変化によって、「価値あるもの」と「価値なきもの」が逆転する時代がやってきた。そしてついに「怠け者」とされたキリギリスの「知性」が復権する!

目次

第1章 キリギリスの復権
第2章 ストックとフロー―貯めるアリ、使うキリギリス
第3章 閉じた系と開いた系―巣があるアリ、巣がないキリギリス
第4章 二次元と三次元―地に足が着いているアリ、跳ぶキリギリス
第5章 川下と川上―決定論のアリ、確率論のキリギリス
第6章 アリとキリギリスの共存は可能か

おすすめコメント

アリ社会の限界、キリギリス社会の希望! 『地頭力を鍛える』でデビューした思考系ビジネス書の著者の新境地。「キリギリスの復権」が本書に通底するテーマ。「アリとキリギリス」は、世界的に知られたイソップ寓話の一つ。冬の食糧ために夏の間も働いて溜め込んだアリ、対してバイオリンを弾きながら歌って過ごしたキリギリス。冬になってキリギリスがアリに食糧を分けてほしいと乞うが、断られて死んでしまう。この話は紀元前に作られたものであり、「今の時代の教訓にはならない。これからはキリギリスの時代がやってくる」「アリに変革はできない。世の中を変えられるのはキリギリスである」と著者は説く。アリとキリギリスの違いを小見出し50本+1コマ漫画で端的に表現し、「アリ社会・日本」の限界と突破口を見つけるヒントを示す。

著者紹介

細谷 功 (ホソヤ イサオ)  
ビジネスコンサルタント、著述家。1964年、神奈川県に生まれる。東京大学工学部を卒業後、東芝を経てビジネスコンサルティングの世界へ。米仏日系コンサルティング会社を経て2009年よりクニエのマネージングディレクターとなる。2012年より同社コンサルティングフェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)