• 本

「逃げるな、火を消せ!」戦時下トンデモ「防空法」

出版社名 合同出版
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-7726-1282-1
4-7726-1282-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 223P 21cm

商品内容

要旨

空襲にも安全神話があった!?空襲が予想される都市から逃げることは、戦時中の“防空法制”によって禁止されていた。「御国のために命を捨てて消火せよ!」「空襲は怖くない!」そして被害は拡大し、多くの国民が死んでいった…。この狂気を図版200点以上のリアルさで実体験してください!

目次

1 総力戦体制の確立(昭和三年〜昭和十五年)―魅惑の防空演習と防空法、日常に入り込む戦争(日本初の防空演習
防空法の制定(昭和十二年三月三十日) ほか)
2 戦勝ムードのなかで(昭和十六年〜昭和十七年)―空襲は怖くない、消火は簡単、防空は「国民の義務」(隠密に実施せよ―昭和十六年七月の「緊急処置」
「国民防空訓」―避難、退去は一切許さぬ ほか)
3 泥沼化する戦争(昭和十八年〜昭和十九年)―猛火へ飛び込め、命を捨てろ、悲壮な防空指導(『時局防空必携』の改訂
決死の防空訓練 ほか)
4 無謀な本土決戦へ(昭和十九年〜昭和二十年)―死んでもバケツを離さず、神がかりの防空美談(二年半ぶりの敵機来襲―北九州空襲
沖縄十・十空襲 ほか)
5 空襲の焼け跡を生きて…戦災孤児、空襲被災者の戦後(親を失った戦災孤児たち
毎日増えていく餓死者 ほか)

著者紹介

大前 治 (オオマエ オサム)  
1970年生まれ。弁護士。大阪大学法学部卒業。鉄道会社勤務を経て、2000年に司法試験合格。大阪京橋法律事務所開業。自衛隊イラク派兵違憲訴訟、大阪市思想調査アンケート国賠訴訟の弁護団に参加し、憲法課題に取り組む。青年法律家協会大阪支部議長などを歴任。2015年6月から日本弁護士連合会立法対策センター事務局次長。大阪空襲訴訟では、戦時中の国策の解明を担当。各地での取材調査や国立公文書館での資料収集を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)