• 本

航空・貨物の謎と不思議

出版社名 東京堂出版
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-490-20954-9
4-490-20954-1
税込価格 2,200円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

航空貨物はどこへ何を運んでいるのか?航空貨物機と普通の旅客機の機体の違い。狭い機体に巨大貨物を載せるための工夫―「航空貨物」の機体と物流の仕組みを大公開!

目次

第1章 航空貨物便はこのように飛んでいる(旅客便の床下でも貨物は運ばれる―貨物専用機で運ばれているものだけが航空貨物ではない
貨物機の構造はどうなっているのだろうか―ボーイングやエアバスと旧ソ連製ではつくりがまったく違う ほか)
第2章 物流における航空貨物(インテグレーターとフォワーダー―日本発着の国際貨物の多くはフォワーダーを通している
日本発着の国際航空貨物は多くが工業製品―工業製品の生産過程には航空貨物が欠かせない役割を担う ほか)
第3章 貨物便の機体(ボーイングの貨物機―多くの旅客機を開発、貨物機バージョンも多数
旧ダグラス/旧マクドネル・ダグラスの貨物機―3発機が旅客便引退後も貨物便として活躍した ほか)
第4章 貨物便を日本へ運航する航空会社(貨物専用便で日本路線を運航する航空会社1―旅客会社や、その系列会社が貨物専用機も運航するケース
貨物専用便で日本路線を運航する航空会社2―日本に飛ぶ貨物専門の航空会社 ほか)
第5章 貨物便ならではの航空事情(小口(宅配便など)と大口の貨物がある―アメリカでは貨物専用機は宅配トラック同様
日本の国内のみ運航する貨物専用機はない―過去にはあったがすべて撤退した ほか)

著者紹介

谷川 一巳 (タニガワ ヒトミ)  
1958年(昭和33)、横浜市生まれ。日本大学卒業。旅行会社勤務を経てフリーランスライターに。雑誌、書籍で世界の公共交通機関や旅行に関する執筆などを行う。利用した航空会社は100社以上、訪れた空港は260以上になる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)