• 本

千両仇討

文春文庫 い79−19 寅右衛門どの江戸日記

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-16-790907-9
4-16-790907-3
税込価格 821円
頁数・縦 300P 16cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

越後四条藩で影武者を務めていた与多寅右衛門は、一橋家の元家老、飯田能登守易信の推挙で武蔵滝山藩主にして若年寄の座に就いた。江戸と甲州をつなぎ、“桃源郷”と呼ばれる美しいこの地だが、石高は貧しい。そんな小藩に金鉱が発見され、寅右衛門の首を狙う賊が現れた。そして、謎の女の姿も―。好評痛快シリーズ、怒涛の第四弾!

おすすめコメント

一橋家に推され武蔵滝山藩三万石の藩主となった寅右衛門。〈桃源郷〉と呼ばれるこの地に眠る金鉱を巡り、寅右衛門に魔の手が伸びる。

著者紹介

井川 香四郎 (イカワ コウシロウ)  
1957年、愛媛県生まれ。中央大学卒業。2016年、『神楽坂咲花堂』『もんなか紋三捕物帳』により、第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。脚本家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)