• 本

詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる

ファミ通文庫 カ14−1−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年8月
ISBNコード 978-4-04-734742-7
4-04-734742-6
税込価格 660円
頁数・縦 287P 15cm

商品内容

要旨

大切な想いや言葉が形となった“迷い言”が視える藍川啓人は、数年前の事故で亡くした幼馴染、高森閑香の“迷い言”に出会う。事故の時、助けられず後悔していた啓人は、彼女の本当の想いを知るため“迷い言”の声を聞くことができる“伝え人”、梅ヶ枝詩葉の元へ連れて行くことに。そして詩葉の力を借りて、閑香が伝えられなかった最期の言葉を聞こうとするのだが―。大切な人への想いを巡る、切なくて暖かく、そして少しほろ苦い感動の青春ストーリー。

おすすめコメント

もう一度、大切な人に想いを伝えられたら―― 本当の気持ちを隠し後悔している少年。 事故で大切な想いを伝えられなかった少女。 少年少女が心に秘めていた、あの日の言葉、あの時の気持ち、あの瞬間の想いを伝える切ない物語。

著者紹介

樫田 レオ (カシダ レオ)  
岐阜市で生まれ育ち、数十年。ゲーム『リトルバスターズ!』『Angel Beats! 1st beat』などのシナリオに参加。小説は『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』が初めての出版となる。生活のために税理士をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)