• 本

東芝の悲劇

出版社名 幻冬舎
出版年月 2017年9月
ISBNコード 978-4-344-03175-3
4-344-03175-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 367P 20cm

商品内容

要旨

虚栄。嫉妬。紛飾。責任逃れ。社員20万人を擁する名門企業の、かくも無様なトップたち。調査報道、ノンフィクション東芝崩壊の全真相。

目次

第1章 余命五年の男
第2章 改革の真実
第3章 奇跡のひと
第4章 原子力ルネサンス
第5章 内戦勃発
第6章 崩壊

おすすめコメント

虚栄。嫉妬。粉飾。責任逃れ。 社員20万人を擁する名門企業の、かくも無様なトップたち。 これは日本の悲劇でもある。 東芝崩壊の全真相がわかる、決定版・調査報道ノンフィクション。   粉飾決算、原子力事業の失敗、主力事業の切り売りと、日本を代表する名門企業が瀕死の危機に瀕している。東芝の凋落は、経済環境の変化や技術革新に対応できなかったからでなく、強大なライバルの出現により市場から駆逐されたからでもない、と著者。20年にわたり東芝を取材してきた著者が、歴代社長の「人災」という視点から、東芝崩壊の全貌を生々しく描き出す。権力に固執し、責任をとらず、思考停止したトップを擁する組織は必ず滅びる――これは東芝という一企業の悲劇でなく、日本の政官財の縮図であり、日本社会への教訓である。 [目次]第一章 余命五年の男/第二章 改革の真実/第三章 奇跡のひと第四章 原子力ルネサンス/第五章 内戦勃発/第六章 崩壊

著者紹介

大鹿 靖明 (オオシカ ヤスアキ)  
1965年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。ジャーナリスト。『メルトダウン ドキュメント福島第一原発事故』(講談社)で第三十四回講談社ノンフィクション賞を受賞。築地の新聞社に勤務。2017年、労組委員長選に立候補し、落選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)