• 本

戦国大名の危機管理

角川ソフィア文庫 I139−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-04-400287-9
4-04-400287-8
税込価格 924円
頁数・縦 251P 15cm

商品内容

要旨

戦国屈指の名君と呼ばれた北条三代・氏康。彼が領民を守るために行った秘策とは?武田信玄や上杉謙信の小田原進攻、慢性化する飢餓…。郷村を維持するための対策として、検地を行い領国把握に努め、さまざまに重なる税と夫役の負担を整理。飢饉のときには、領民の生活に寄り添って目配りをすることで未曾有の危機を乗り越えたのである。はじめて民政を行い、領国経営を成し遂げた戦国大名の真像に、民衆の視点から迫る。

目次

代替わりの政治(北条氏康の登場
戦国大名と村
新しい政策の背景)
税制改革と目安制(公事赦免令
新たな領国危機)
永禄の飢饉と構造改革(徳政令
永禄の飢饉と戦争)
「御国」の論理と人改令(「御国」の論理
民兵動員)
増補(北条早雲(伊勢宗瑞)の領国経営
「百姓直納」体制の成立
戦国大名の経済基盤をめぐって
『北條家所領役帳』の世界
北条氏にみる城の維持と管理
北条氏康の合戦 研究最前線
氏康から氏政へ)

おすすめコメント

民衆の視点から戦国大名の領国支配の実情に迫る。 民衆の視点から戦国大名の領国支配の実情に迫り、これまでにない「新しい戦国大名像」を描き出す。

著者紹介

黒田 基樹 (クロダ モトキ)  
1965年東京生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。博士(日本史学)。専門は日本中世史。駿河台大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)