• 本

欲望する「ことば」 「社会記号」とマーケティング

集英社新書 0911

出版社名 集英社
出版年月 2017年12月
ISBNコード 978-4-08-721011-8
4-08-721011-1
税込価格 902円
頁数・縦 221P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

女子力、加齢臭、草食男子、婚活、美魔女、おひとりさま、イクメン、インスタ映え…。これら、どこからともなく現れて一般化した造語を、著者は「社会記号」と呼ぶ。そして、それは世界の見え方を一変させ、マーケットを支配していくという。では、「ことば」はどのように生まれ、どんなプロセスを経て社会に定着していくのか。なぜ人は新しい「ことば」を求めるのか。本書は、マーケティングのプロと研究者がタッグを組み、それぞれの視点で「社会記号」について考察。人々の潜在的欲望をあぶり出し、世の中を構築し直す「社会記号」のダイナミクスに迫る。

目次

はじめに 社会記号が世の中を動かす
第1章 ハリトシス・加齢臭・癒し・女子―社会記号の持つ力
第2章 いかに社会記号は発見されるか―ことばと欲望の考察
第3章 ことばが私たちの現実をつくる―社会記号の機能と種類
第4章 メディアが社会記号とブランドを結びつける―PRの現場から
第5章 なぜ人は社会記号を求めるのか―その社会的要請
第6章 対談 誰が社会記号をつくるのか
おわりに 社会記号をクリティカルに捉える消費者になるには?

出版社・メーカーコメント

それは音もなく世界を変える。 インスタ映え、加齢臭、女子力、草食系男子、おひとりさま、イクメン、美魔女、スーパーフード、下流社会、リア充、公園デビュー、ブラック企業、自撮り、終活……。 これら、ある日生まれ、いつの間にか社会に定着したことばを、著者は「社会記号」と呼ぶ。それらは私たちの思考や生活様式を変え、市場にも大きな影響を及ぼしていく。なぜ人は新しいことばを求めるのか。ことばは私たちの言語化できない欲望をどのように言い当てるのか。メディアはそこでどんな役割を担うのか。 消費者行動論の研究者とPR業界のトップランナーが、社会記号の誕生プロセスを検証しながら、その成立条件や社会的要請など、多角的に考察。知っているようで知らないことばのダイナミクスを解き明かす。

内容抜粋

【目次】 はじめに 社会記号が世の中を動かす  嶋 浩一郎 第一章 ハリトシス・加齢臭・癒し・女子 ―― 社会記号の持つ力  松井 剛 第二章 いかに社会記号は発見されるか ―― ことばと欲望の考察  嶋 浩一郎 第三章 ことばが私たちの現実をつくる ―― 社会記号の機能と種類  松井 剛 第四章 メディアが社会記号をブランドと結びつける ―― PRの現場から  嶋 浩一郎 第五章 なぜ人は社会記号を求めるのか ―― その社会的要請  松井 剛 第六章 対談・誰が社会記号をつくるのか  嶋 浩一郎・松井 剛 おわりに 社会記号をクリティカルに捉える消費者になるには?  松井 剛 【「はじめに」より】 もちろん、社会記号について知ることは、ビジネスの役に立つだけではありません。 本書の共著者である一橋大学教授の松井剛さんは、社会学者タルコット・パーソンズの「概念はサーチライトである」ということばを踏まえて、「社会記号について知ることは、世の中の見通しが良くなることでもある」と指摘しています。 概念、つまりことばがサーチライトになって、そのことばが指し示すものが照らされる。それまで見えなかったものが見えるようになる。すると、私たちは照らされた物事に注目し、途端に意識するようになります。 加齢臭や女子力ということばがなかった時代には、体臭を気にする男性も、自分磨きを意識する女性も決して多くはありませんでした。しかし、社会記号として概念がつくられた途端、男性用の体臭ケア用品が売れ、女性の魅力を磨く講座に人が集まるよになりました。 社会記号は市場を作るだけでなく、自分自身、ひいては世の中の見え方までも変えてしまいます。その仕組みを理解することは、社会に対する洞察を深めることにも役立つでしょう。

著者紹介

嶋 浩一郎 (シマ コウイチロウ)  
1968年生まれ。上智大学卒。博報堂ケトル共同CEO。PR視点で企業コミュニケーションを手掛ける。本屋大賞実行委員会理事。東京・下北沢に本屋B&Bを運営
松井 剛 (マツイ タケシ)  
1972年生まれ。一橋大学教授。博士(商学)。専門はマーケティング、消費者行動論、文化社会学など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)