• 本

まんがでわかる土と肥料 根っこから見た土の世界

出版社名 農山漁村文化協会
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-540-15103-3
4-540-15103-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 110P 21cm

商品内容

要旨

土壌肥料と根の専門家である著者が「根っこ目線」「まんがでわかりやすく」「クスッと笑える」を基本コンセプトに描き上げた、まったく新しい土の本。楽しいまんがと図解で、土壌の化学基礎、診断データの測り方・使い方から、土の生きもの、有機物、土づくりの実際まで、ビックリするほどよくわかる。根っこのルートさんがガイドする土のワンダーランドへ、ようこそ!

目次

田畑の土を診るモノサシ(植物の口は土の中にある!?
電気と水道がないと食事ができない? ほか)
作物の養分と肥料のヒミツ(どんな養分が必要なの?
窒素(N)の吸いすぎにご用心 ほか)
豊かな土をつくる有機物(地力が高い土ってどんな土?
有機肥料と化学肥料の違い ほか)
土は生きものワンダーランド(菌根菌は根っこのお助けマン
放線菌は土のニオイの元 ほか)

著者紹介

村上 敏文 (ムラカミ トシフミ)  
1957年大阪市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。農学博士。農水省熱帯農業研究センター、長野県中信農業試験場、JICA専門家、農研機構東北農業研究センターなどを経て、農研機構西日本農業研究センター勤務。根研究学会評議員(元副会長)。2006年、根系の迅速調査法、マルチカラー染色法の開発で同学会学術特別賞。簡易空撮気球「ひばりは見た!」開発者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)